映画「虹、結」について

※上映館や日時は確定次第、掲示いたします。

魂の繋がりを教えてくれた、沖縄での恩返し

撮影都市:沖縄、東京、静岡、愛知、滋賀、大阪、兵庫

沖縄国際映画祭2023正式出品
「風が通り抜ける道」(2024年作品)
スピンオフ長編新作映画


INTRODUCTION & STORY


令和四年度沖縄県後援映画『風が通り抜ける道』(田中壱征監督)
に登場する沖縄のカフェで働く月皐が、移住を決める事になった、もう一つの物語。

自分の意見を伝えるたびに家族が壊れていく事に耐えられなくなった皐(さつき)は、大阪の実家を離れ、東京で働いていた。
周りの意見に従うだけの生き方に、世間の風は冷たく吹き付けた。

自分にも、周りの言葉にも閉塞的になる皐。
偶然、沖縄人と結婚した幼馴染と再会すると、ぬくもりを求める様に沖縄へ旅立つ。
一人で過ごすだけの皐は、海の先を見続けた。

移住者たちに紹介されたウチナーのおばあが、皐の魂に問いかける。
「好きだから、怖いんでしょ?」
勇気と想いを胸に、皐は大阪へ戻った。


DIRECTORʼS STATEMENT


第2次世界大戦終戦から七十数年を迎える。
戦争を体験していない世代の人間が多くなり、この国を動かし、生きている。
平和を謳った先人たちの本気の想いは、若い世代の中で掠れ、自己優先主義が渦巻いてしまっている。
そして、近年、猛威を振るう新型コロナウイルスとの戦いが始まった。

多くの情報が手に入る一方、都合の良い解釈をし、自らは手を汚さず、文句を垂れる。
何が良くて何が悪いかの判断が、自分だけではできず、誰かの意見に賛同する。
辛いことはしなくていい、楽しい事だけすればいい、だって世界はあなたに優しいから、という風潮。

そんなに甘い事ばかりではありませんでした。
この世の中で、生きていきたいと、思えていますか?

しかし、近年、結婚-離婚ー再婚する事が当たり前になり、絆が薄れてきています。
親にとっては子供のための決断も、子供には大きな障害になることもあります。
そんな家族が多くなった現代・・・。

この映画を通し、地球へ恩返しをすると共に、愛が溢れる世界になることを願います。

監督 大原誠弍


REVIEWS


 by 大阪在住者

家族の絆と沖縄の結の心、大事さを伝えていただき感謝します。

 by 大阪在住者

1人の女性の生き方人間関係の葛藤、親子の葛藤など、自分ごとのように置き換えて共感できる場面があった。自分の人生をどう生きるか、自分が行動すること大事だと思い直した。

 by 大阪在住者

対話の大切さを感じ、沖縄に行きたくなる映画でした。

 by 愛知県在住者

日常生活で感じている些細なストレス、会社や人間関係、社会の不条理、自分にみんな同じように我慢していると言い聞かせている部分をリアルに再現されており、それを乗り越えていく皐さんの姿に勇気をいただきました。
自身も父親と仲が悪く、またサラリーマンですが現職で上手くいっておらず、転職活動中の身でございます。
作品の内容がいまの自分の状況と重なっていたこともあって、いまこのときに監督の作品と巡り会えたことは、非常に幸運だったと感じています。
これを一つのきっかけとして、1人の人間として成長できるよう努力していきたいと思います。
試写会で監督と直接お話させていただいて、監督の優しいお人柄が作品の至る所に込められていて、だから観ていてずっと涙が止まらなかったんだなと思いました。
友達、知り合いにも絶対観てもらいたいので、名古屋での上映お待ちしております!

 by お父様からお誘い者

私自身も若い時に仕事や人間関係が上手くいかず南の島のサイパンに移住した経験があり、皐の環境の変化によって価値観や人生観が変化していく様子を見て共感しました。

Page 1 of 2:
«
 
 
1
2
 
»